Philosophical Thinking

~~全ては「自分を知る」ことから~~【21日間で成功習慣を身に付ける】

メンタル

「不確実」を生きる

私達は、「不確実」な生き物です。 それは、 「このようにすれば、必ず、このような結果になる」 というものが、何一つなく、 その時の「感情」や「精神状態」、「体調」等のバイオリズムによって、 得られる「結果」は変わり、 必ずしも、「同じ」にはなら…

「ストレス」をコントロール

「ストレス」は、 「プレッシャー」等から来る、精神的な「負荷」で、 「病気」等の「不調」を、引き起こす主要因にもなり、 極力ないに越したことはないのですが、 一方で、「ストレス」があるからこそ、精神的に「強く」、「成長」することが出来る、 とも…

「プレッシャー」を味方に

「プレッシャー」とは、 その人にとって、「乗り越えなければならない壁」として存在します。 それは、逃げることも出来ず、必ず解決しなければならない問題、 として、目の前に立ち塞がってくるのです。 「プレッシャー」がかかる、 ということは、それだけ…

「一点突破」の集中力

物事を成すためには、何よりも「意識」の力が必要です。 そして、この「意識」の力を最大限にするためには、 「意識」を「尖らせる」、ことが必要で、 それは、「余計な雑念を全て排除する」、 もしくは、「他の選択肢を持たない」、 ほどに、「本気」で「必…

「ピンチ」と「チャンス」

私達は、生きている限り、常に、何らかの「変化」に晒されます。 それは、良い時と悪い時の「繰り返し」によるもので、 「同じ状況」がずっと続くことは、まずあり得ないのです。 そして、とりわけ、「ピンチ」や「困難」といった状況には、 誰もが「避けた…

「意識」の力

物事の「実現化」には、「意識」を「集中」させること、 が必要で、これが全てのはじまりです。 ですが、なかなか思うように、「実現化出来ない」のが、現実で、 それにより、多くの人が、様々な方法を試み続けるのだと思います。 「実現化」において、方法…

「撤退」する勇気

私達は、何かを得る為に、何かに挑戦します そして、それは、「時の運」や「タイミング」による影響も大きく、 場合によっては、 「撤退」や、「断念」をした方がよい、 こともあるのです いわゆる、「撤退する勇気」 です。 「撤退」するということは、 自…

「他人を見る目」は「自分を見る目」

「人目を気にし過ぎて、行動に移すことが出来ない」、 というのは、もしかしたら、思い当たる人も多いのではないかと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーー例えば、「起業したいけど、起業出来ない」、という人がいて、 そこには、 「他の誰か」が、起業したけれども…

「自己に勝つ者」

「自分のことなのに、思い通りに自分を動かすことが出来ない」、 というのは、誰でも覚えのあることではないでしょうか。 そして、「自分を制する者は、全てを制する」という言葉でも表現出来るように、 自分自身を思い通りに、「コントロール」するというの…

「今の自分」からの脱却

「より良く生きる」ために、私達は様々なことを日々、学んでいきます。 そして、「より良く生きる」とは、「自分をより良く変化させる」こと、 でもあり、 その意味で、学びの目的は、 「自分を変える」ことにある、 ともいえるでしょう。 そして、「自分を…

「確信」を持つ

「自分はいったい何者か」、「何のために生きているのか」、 これらは、この世を生きる私達にとっての、「永遠のテーマ」であると思います。 もし、「生きる意味」というのが、「何かしら」あるのだとするならば、 それが、向かうべき「方向」、「指標」とな…

「性格」と「意志」

何かの物事を成し遂げたり、何かを極めたりするには、 それなりの時間がかかるもの。 それ故に、「やり続ける」こと、「やり遂げる」こと、 が重要で、これが出来ないと、どうにもままならないのです。 だからといって、 「性格」が、 「飽きっぽい」、もし…

「決断」は一瞬

「大事な決断は一瞬でするべき」、という言葉があります。 私達の毎日は、常に「選択」の連続で、 誰もがその「瞬間瞬間」に、目まぐるしく、「選択」、「決断」をしているのです。 「選択」、「決断」するためには、 時間をかけて「思考」する場合と、一瞬…

「失敗」の代償

【「失敗」の代償】 物事が、最初から「成功」する、ということは、非常に稀なことで、 その意味で、「失敗」するということは、 誰もが「経験」することであり、「必然」のことともいえるのでしょう。 このことは、私達は、様々な経験から理解していて、 何…

「最優先に」取り組むべきこと

「やらなければならない」、と頭では分かっているのに、 なかなか、「やる氣」が起こらず、「行動」に移せないことがあります。 それは、自分にとって、「嫌な事、苦手な事、面倒な事」、 もしくは、「不安や恐れ、迷い」、 から、来るものかもしれません。 …

「想定外」をコントロール

私達は、「何か新しいものを作る」、「新しい仕組みを考える」、 といった場合、今持っている最大限の「想像力」を駆使して、ものや仕組みを考えます。 ですが、この「想像力」を駆使したところで、全ての問題を「網羅」することは不可能で、 いわゆる、「想…

「自分」から逃げてはいけない

誰もが、「今の自分よりも良くなりたい」、「理想の自分になりたい」、 という「思い」を持っています。 その「思い」というのは、 子供の頃から抱えている「コンプレックス」だったり、過去の「嫌な出来事」によるものかもしれない。 いずれにしても、その…

自分の「評価」

誰もが、他人から「どう思われているか」と気になることはあります。 そして、その「思われたい」ことというのは、 「良い人」だと思われたい、「優秀な人」だと認められたい、「大切な人」だと思ってもらいたい、 といった、自分にとって「ポジティブ」なこ…

「感情」を動かす

「子供」の頃は、誰もが、どんな些細なことであっても、 興味を持ったり、感動したり、期待したり、妄想したり、喜んだり、悲しんだりと、 何かの出来事に対して、素直に、純粋に、「感情を表現」していたと思います。 ですが、やがて「大人」になるにつれ、…

「常識」と「非常識」

今、「常識」だとされている全てのことは、過去には、「非常識」なことであり、 これらは、過去の成功者、偉人達による 「非常識への挑戦」によって、 「常識」なものとして、社会に浸透されてきたものなのです。 そして、この「非常識への挑戦」によって、 …

「複利計算」にみる人の成長②

先日、【「複利計算」にみる人の成長】というテーマで、 「積み重ね」の重要性について、言及しました。 これに関連して、以下の様な「捉え方」もある、ということを追記したいと思います。 ※ お金を例にしていますので、投資寄りの考え方になるのですが、「…

「複利計算」にみる人の成長

「やり続ける」ことの重要性については、 誰もが認識しているところであるかと思いますし、 この場でも何度も取り上げている、大事なテーマの一つでもあります。 そして、どのような成功者であっても、 人知れず「積み重ねている」ものが、必ずあるわけでし…

「現象」を変化させるもの

自分の身の回りの状況は、全て自分の「思考」が作り出すもので、 全ては自分の「責任」である、ともいえるのです。 何かに挑戦をして、それがうまくいかなくても、 それは、全てにおいて、自分に「原因」があるのであって、 その「原因」となるものを自分が…

「思考」のコントロール

人は「行動」することによって、物事を変えることが出来る、 故に、いつまでも「思考」ばかりで、「行動」が伴わなければ、 何事も変わらないのは、至極当然のこと、 ではあるのですが、 そうはいっても、より良く「行動」するためには、どのように「思考」…

「やり続ける」ために

物事を実現させるためには、 何よりも、「諦めずにやり続ける」こと、なのですが、 そのためには、自分が信じたことを、どこまでも「信じ切れるのか」、 ということが重要で、 その「信じ切る」氣持ちがない以上、物事を実現させることは不可能、といっても…

「行動」出来ない理由

物事を「実現化」するには、何よりも「具体的」な「行動」が必要です。 私達の「意志」は、 「具体的」な目的や目標があってこそ、はじめて実現に向けて、動き出すのですが 「抽象的」なままに、留めてしまっていては、残念ながら、動き出してくれないのです…

「プラス」と「マイナス」

「ポジティブ」でいることの重要性は、大抵の人が気にしていることですが、 それを気にするあまり、 逆に「ネガティブ」なことをより強く意識してしまう、というのは、よくあることです。 そもそも、物事には、常に「両方の側面」が存在し、 「プラス」が存…

経験の「意味」

人生は、「経験」が全てであり、全ては、「積み重ね」なのです。 何かをするためには、「努力」が不可欠である一方、全ての「経験」も活かしきるべきなのです。 既に、「目標」や「志」を失ってしまったことに関しては、いつまでもこだわり続ける必要はあり…

「意志力」を強く

「人間関係」の問題は、 人が複数集まるところであれば、大なり小なり必ず起こるものであり、「避けては通れない」問題でもあります。 それは、人が集まることによって、その集団の中での「優劣」を決めるという「本能」から、 「マウンティング」という行動…

自分を「観察」する

私達は、毎日、何かしら考え、悩んでいます。 そして、悩めば悩むほど、考えれば考えるほど、 「懐疑的」で「ネガティブ」に陥ってしまう。 これは、「自分を守る」ために人の「生存本能」がもたらすものであって、「生理的反応」として、出てしまうものなの…