哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

不都合な出来事【再掲】

 
誰にとっても、
 
自分に不都合な出来事はあるもので、
それを忘れてしまいたいという思いを持っていると思います。
 
 
 
過去の苦しい思いを解放し、未来に向かうために、
そして、常に新鮮な自分でいるために忘れたいのです。
 
 
 
 
自分にとって不都合なことを、忘れることが出来るのならば、
生きることがどれだけ楽になるのか、計り知れません。
 
 
 
逆に言うと、
 
生きることを苦しくさせてしまっているのは、
忘れられないからでもあるのです。
 
 
 
 
ですが、誰にとっても、
 
忘れようとしても忘れられないことというのは、
少なからずあるものです。
 
 
 
自分では忘れたいと思っている一方で、
 
 
その不都合な出来事を、
ことあるごとに思い返してしまうことで、
嫌な思いをより強固なものにしてしまっているのです。
 
 
 
 
そして、
忘れるためには時間が必要、ともいいますが、
時間だけが解決してくれるものでもありません。
 
 
 
一旦、記憶の彼方に追いやったつもりでも、
何かの拍子に、表面化してくることもあるのです。
 
 
 
忘れられないことは、
どうあっても忘れられるものではないのかもしれません。
 
 
 
ですから、無理に忘れようとする必要はないのです。
 
 
 
 
 
問題なのは、
不都合な出来事を忘れられない、のではなく、
 
 
自分がその出来事を、
苦しい思いのするもの、として解釈してしまうことにあるのです。
 
 
 
 
起きた出来事は一つではありますが、
そこには常に、複数の見方があって、
 
 
どのような見方をするかで、解釈の仕方も異なるのです。
 
 
 
 
判断を誤ったり、失敗をしてしまった出来事は、
 
どうしても、
その瞬間に起きたマイナスの部分だけを捉えてしまいがちですが、
 
 
判断を誤ったからこそ、失敗したからこそ、
見えてくるものもあるのです。
 
 
 
いわば、成功のための一つのプロセスであり、
 
 
この経験が、
ただの嫌で忘れてしまいたい出来事ではなく、
 
 
今後の成功の鍵を握っている重要な出来事、
とも言えるのです。
 
 
 
 
自分にとっての忘れられない出来事、不都合な出来事は、
 
 
全て自分のための出来事、という見方もあるということなのです。
 
 

積み重ねてきたもの【再掲】

 
どのような人でも、長く生きれば生きるほど、
 
 
観念や経験、知識、財産等、
たくさんのものを積み重ねてきているのです。
 
 
 
勿論、
反対に、失ったものもたくさんあることでしょう。
 
 
 
 
 
私達にとって、
いろいろなものを積み重ねるということは、
 
 
よりよく生きるために必要なことであり、
生きることのモチベーションでもあるのです。
 
 
 
 
ですが、一方で、
何かを積み重ねれば重ねるほど、
そればかりに頼ったり、固執したりもしてしまうので、
 
 
却って、
身動きが取りづらくなってしまったり、
新しいことを受け入れられることが出来なくなってしまうのです。
 
 
 
 
 
積み重ねてきたからこそ、
いまの自分、が存在するわけなのですが、
 
 
もし、違うものを積み重ねてきたのならば、
また別の自分になっているだけであって、
 
 
ただ、それだけのことなのです。
 
 
 
 
積み重ねてきたものが違うからといって、
自分が自分であることに変わりはないのに、
 
 
今まで積み重ねたものに囚われてしまうから、
 
 
本当はもっと、自由な自分であるはずのところが、
 
 
結局のところ、
いつまでも同じような自分でしかいられなくなってしまうのです。
 
 
 
 
 
人生において、
積み重ねていくことは、勿論大事なことではありますが、
 
 
それが、
自分の可能性や自由を失わせてしまっていることに、
気が付かなければならないのです。
 
 

他人の目を気にしてしまう人へ【再掲】

 
自分に対して、本当の自信があれば、
 
 
他人のことを気にすることもないし、
他人の前で自分をよく見せる必要もありません。
 
 
 
自分に自信がないからこそ、
 
 
他人の目が気になったり、
他人が何を考えているのかを知りたくなるのです。
 
 
 
 
しかしながら、
 
他人がそこまで自分のことを気にしているのかといえば、
全くそうではありません。
 
 
 
 
誰にとっても、
自分自身のことが、何よりも最優先するもので、
 
 
それが故に、自分が、
他人からもどのように見られているのかが気になるのですが、
 
 
 
他人の人にとっても、それは同じことで、
 
他人からしても、自分以外の存在は二の次でしかなく、
 
 
極端に言えば、
何も見られていないし、問題にもされていない、
 
全く、気にするべき対象ではないのです。
 
 
 
 
それにも関わらず、私達は、
 
 
勝手にいろいろな想像をして、
そのことによって、心を煩わせ、
更に、自分の行動に制限をかけてしまうのです。
 
 
 
 
自分の周囲にいる人全員が、
 
自分のことを全く気にしていないかといえば、
決してそうでもないのでしょうが、
 
 
少なくとも、自分が想像している以上には、
 
誰も気にしてはいない、
 
 
ということを念頭に置いておく必要があるようです。
 
 
 
 
他人に、どのように見られようとも、
どのように思われようとも関係ないのです。
 
 
 
それが、自分の行動の妨げになってはいけないのです。
 
 
 
自分の思った通りのことをやってみればいいのです。
シンプルに、それだけのことなのです。
 
 

反発する力【再掲】

 
苦しい時や辛い時というのは、どうしても、
 
 
自分に自信がなくなって、
思い切った動きがとれなかったり、
 
 
自分の内側に引きこもりがちになってしまいます。
 
 
 
 
ですが、
 
物事というのは、常に、
作用反作用に働いていて、
 
 
何かのエネルギーが働けば、
それと逆向きに同じエネルギーが働くのであって、
 
 
つまり、
ネガティブなエネルギーも、ポジティブに転化させられるのです。
 
 
 
 
自分がいま、苦しいと思うということは、則ち、
 
 
それと同じだけ、反発させる力を自分が持っている、
ということでもあるのです。
 
 
 
 
 
いまの私達に必要なのは、
 
時期をとにかく待つことかもしれないし、
やり方を、環境を、変えることかもしれません。
 
 
 
ですが、
いまの状況を悲観して、
自分を見失ってしまったり、自分を卑下したりしてはいけません。
 
 
 
誰もが、
いまの状況をひっくり返す力を持っているのですから、
 
 
そのような自分を信じること、
 
そこだけは決して忘れてはならないのです。
 
 

自分を直視する【再掲】

 
自分の姿を直視すること、
ありのままの自分を視ることは、思った以上に難しい。
 
 
 
 
直視するのが難しいのには、
 
 
自分に自信がないから、
自分自身に後ろめたい気持ちがあるから、
自分の中に矛盾を抱えているから、
自分の弱さを認めたくないから、
 
 
挙げてみれば、
いろいろと思い当たることがあるものです。
 
 
 
 
 
自分としっかり向き合うというのは、
 
 
素直に正直に、
自信のない自分、弱い自分を認めることであり、
 
 
それはまた、
一つの勇気であり、一つの強さなのです。
 
 
 
ですから、
自分の姿を直視するというのは、強い人にしか出来ないことなのです。
 
 
 
 
 
自分と向き合うのに、
 
他人と比較して、いい悪い、ということではないし、
過去の自分と比較して、いい悪い、ということでもありません。
 
 
あくまで対象は、いまの自分、なのです。
 
 
 
 
いま、自分を直視することが出来ますか。
 
 
 
ありのままの自分の姿を視ようとしない限り、
強くなることも、変わることも出来ないのです。
 
 

不自由な自分【再掲】

 
私達は、
誰もが多くの様々なものを持っているのに、
 
 
自分が持っていないものばかりに囚われて、
 
 
いまの自分を疎かに、卑下してしまい、結果、
自分自身を不自由にさせてしまっているのです。
 
 
 
 
自分が持っているものを、
十分に活かす自由があるのに、
 
 
持っていないことばかりに気を取られ、
その自由を放棄してしまっているのです。
 
 
 
 
 
そもそも、
自分が持っていないものとは何なのでしょうか。
 
 
 
本当は持っているのに、
単に、自分が持っていないものと、
 
 
勝手に思い込んでいるだけなのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
自分に対してどのように思うかで、
いまの自分が作り上げられるのですから、
 
 
わざわざ、
自分を不自由にする思い込み、拘りは必要ないのです。
 
 
 
 
私達には、
何にも束縛されない自由があるのです。
 
 
 
そして、それを決めるのは自分なのです。
 
 

学び続ける【再掲】

 

学ぶことは、
年齢、能力に関わらず、
 
誰もが、
一生をかけて取り組むべきことであります。
 
 
 
 
学ぶことは、
今の生き方をより良くさせるためであり、
 
 
それは、勿論、自分のためにすることですが、
 
 
そこだけに留まるものでもなく、
 
周りの人のためでもある、
ということを知っておかなければなりません。
 
 
 
 
 
学ぶのをやめる、学ばない、という選択をすることも、
それも自分の意志次第ですが、
 
 
そのような選択をした場合、
 
 
今持っている知識や経験によってしか、
物事を判断する材料がないのですから、
 
 
自ずと視野は狭くなるわけで、
 
 
その事が、
よりよい結果に繋がる可能性は低くなることはあっても、
高くなることは、まずないのです。
 
 
 
 
学ぶことは、自分の人生において、
プラスに働きますが、マイナスになることはありません。
 
 
 
無駄な学び、というのは何一つないのですから、
学ぶことをやめてはいけない、諦めてはいけないのです。
 
 
 
 
今の自分で満足してしまってはいませんでしょうか。
 
 
 
学びこそが、
新たな自分の可能性に繋がる唯一の道なのですから、
その自分の可能性を自ら放棄してしまうべきではないのです。