哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

人生

誰の人生【再掲】

自分が、何かの行動を起こそうという時に、 他人の目を気にしてしまうことで、自分の決断したことを引っ込めてしまうことがあります。 これはある意味、 自分の行動に対して、他人からの支配、コントロールを受ける、ということでもあり、 他人の人生を生き…

集中力【再掲】

何をするにおいても、行動することがとても重要な事は、誰もが認識している通りですが、 ただ、同じ行動をするにしても、 漫然と動くのと、集中して動くのとでは、天と地ほどの差があることは言うまでもありません。 ですから、集中してやろうと思うのは、誰…

既存という罠【再掲】

私達は、何か新しいことやアイデアを探し出そうとする時に、 今までの自分の経験や知識、もしくは、様々な分野から何かのヒントを得ようとします。 通常、新しく何かを考えるにあたっては、 どのようなことでも、まずは、既存の知識や常識がベースとなり、 …

誰のために生きる【再掲】

生きるというのは、誰よりも、自分自身のためなのですが、 この、自分のために生きるということが、 巡り巡って、他の人にも少なからず大きな影響を与え、 結果的に、他の人のために生きることにもなるのです。 勿論、 自分以外の誰か、例えば、家族や大事な…

決められないこと【再掲】

私達が直面する悩みの一つに、 何を選択するべきか、決められない、ということがあります。 やるのかやらないのか、続けるのかやめてしまうのか、どちらの方向に進むのか、何を買うのか買わないのか・・・ いずれを選択するにも、決めないことには、物事は進…

出来事と解釈【再掲】

何かのほんのちょっとしたタイミングで、 ケガをしてしまったり、トラブルに見舞われる、ということは、 生きている上においては、思った以上によくあることかもしれません。 そして、そのような被害にあった後になって、 この選択をしていなければ、とか、…

過ちと人の本質【再掲】

私達の誰もが、繰り返し過ちを犯します。 逆に言うと、過ちを犯さない人というのは、この世に存在しないのですから、自分も他人と同じように、必ず間違いを起こすわけです。 自分が過ちを犯してしまったことに対しては、 勿論、反省して改めることは必要なこ…

待つ練習【再掲】

自分で何かを決意して、行動に着手しても、なかなか長く続けることが出来ないことがあります。 決意した当初は、相当な覚悟であったとしても、 自分の思う結果が出なければ、落ち込み、諦めの気持ちになり、 やがて、自分自身をも否定してしまうようになって…

代わりの存在【再掲】

自分の人生は、どこまでいっても自分だけのもので、 誰も自分の代わりをしてくれる人などいません。 悩んだり、苦しんだりすることがあった時に、 他の人に代わってもらいたい、という思いになることは、誰にも経験のあることだと思いますが、 それでも結局…

心の拠り所【再掲】

行動するということは、その前提に、何かしらの目的というのが存在します。 それは、自分、家族、会社、社会のため、、、 数え上げればきりのないことですが、それらがあるがために、精いっぱい頑張れるのです。 いわば、自分にとっての居場所、心の拠り所と…

自分の存在価値【再掲】

誰の心にも、 人には何かの役割があって、その役割をしなければ価値がない、という観念が 多かれ少なかれ、刷り込まれているのではないでしょうか。 生きるために仕事をすることが当然で、 何かの役に立つために、何かしらの活動をしなければ、人として堕落…

諦めること【再掲】

何を行うにおいても、選択肢は多い方がよいものなのでしょうが、 その選択肢を、私達は、自分自身で狭めてしまっていたりもするのです。 それは、心の中で、 「しなければならない」、「するべき」ということに囚われて、自らの視野を狭めてしまうということ…

自分を映し出す鏡【再掲】

「他人は自分を映し出す鏡」という様に、 自分の目に映る相手の姿というのは、自分を映した鏡であると言われています。 相手の自分に対する振る舞いや、相手から受ける様々な印象や感情というのは、 まさに、いまの自分自身の姿を写しだしていると言うのです…

思考の暴走【再掲】

自分が苦しいと感じるのは、 いまの自分にとって、どうすることも出来ないことを考えてしまっているからに他なりません。 それは、過去の失敗したことや未来への不安だったり、 もしくは、自分以外の人に、何かを期待したり、自分の思うように動いてくれない…

自分だけのもの【再掲】

誰もが、何かしらの悩みや困難を抱えています。 傍から見れば、どれだけ恵まれた環境にいようとも、その環境にしかいないと分からない苦労がありますし、 一方で、とても困難な状況にあるというのも、その状況にならないと、見えないことばかりなのです。 悩…

行動出来ない人【再掲】

私達は、何においても、行動が必要なことだと知りながら、 それでも行動が出来ない、ということに、苦しんだり、自己嫌悪になってしまうことがあります。 ところが、頭の中では、行動する、しない、という選択肢から、わざわざ、 行動しない、という選択をし…

未熟な存在【再掲】

私達の誰もが、様々な目的を持って、何かを目指そうとします。 そして、心のどこかで、 完全、完璧、完成、100%、といったことを目指していることはないでしょうか。 しかしながら、何を目指そうとも、その目指す先というのには、決して終わりはなく、 完全…

中途半端でいい【再掲】

自分が行動出来ないと考えられる要因の一つに、 何かに挑戦しても、中途半端でやめてしまうことを懸念してしまうから、 ということがあります。 意を決して何かを始めても、道半ばで、心が折れてしまえば、 結局、やらなければよかった、という後悔だけが残…

何もしない選択【再掲】

自分の心身の状態を、客観的に知ることは、思った以上に難しいことです。 自分では全然問題ない、と思っていても、 見えないところで、負荷をかけ続け、蓄積させてしまう。 そして、それが自分の心身に不調、という形で跳ね返ってくるのです。 一旦、不調を…

危険に挑む【再掲】

自分の中には、まだ自分でも知らない可能性が数多くあって、 程度の差はあれ、 誰も自分のことを分かっていない、とも言えます。 それなのに、 自分には出来ない、と勝手に決めつけて、自分の出来ることしかしない、安全な道に逃げてしまっているのです。 い…

やり直せないもの【再掲】

自分の人生が、あまりうまくいっていないと感じる人も、逆に、順風満帆にすすんでいる人であっても、 自分の人生をやり直したいという気持ちというのは、少なからず持っているのではないでしょうか。 人生をやり直したいと思うのは、 いまの状況に関わらず、…

覚悟すること【再掲】

うまくいかない時は、誰にでもあり、 うまくいかないことによって、とても苦しい気持ちになってしまうものです。 苦しい気持ちになってしまうのは、自分の思考の問題でもあるので、 その思考を別の方向に切り替えてしまうことに、越したことはないのですが、…

全ては計画通り【再掲】

物事は継続することで、はじめて、自分のものになり、何かの役に立ったり、使い物になったりするものですが、 その、継続する、ということが、とても難しく感じてしまう人も多いのではないかと思います。 そして、継続出来ないことの言い訳を考え、自分を正…

答えのない問題【再掲】

時折、自分というのが何者で、何を目的に、何をすればよいのかが分からなくなることがあります。 このような悩みは、いくら考えたところで何か答えが見つかるわけでもなく、 他人に相談したところで、他の誰かが答えを教えてくれるものでもないわけで、 とて…

自分との約束(2)【再掲】

自分との約束は、最も大事にすべきことなのですが、 その約束を守れそうにないからといって、いつまでも同じ自分でいても構わない、 ということではありません。 私達は、常に、変わることを求められ、 自分がそれを意識するしないに関わらず、現にいまも変…

自分との約束(1)【再掲】

世の中は、様々な場面において、約束が取り交わされ、それを守り実行することで、成立します。 通常、約束は、自分と他者との間において行われるもので、 そこには必ず、信頼関係が必要であり、信頼関係なくしては、何事も成しえないのです。 そして、それは…

期待する先【再掲】

期待というのは、自分自身に対して持つもの。 自分の人生の主導権は、常に自分にあり、自分が切り開いていくものですから、 他の誰かに期待するのではなく、自分に期待するのです。 勿論、誰かに助けを求めることも時には必要ですが、 たとえどのような状況…

不都合な出来事【再掲】

誰にとっても、 自分に不都合な出来事はあるもので、それを忘れてしまいたいという思いを持っていると思います。 過去の苦しい思いを解放し、未来に向かうために、そして、常に新鮮な自分でいるために忘れたいのです。 自分にとって不都合なことを、忘れるこ…

積み重ねてきたもの【再掲】

どのような人でも、長く生きれば生きるほど、 観念や経験、知識、財産等、たくさんのものを積み重ねてきているのです。 勿論、反対に、失ったものもたくさんあることでしょう。 私達にとって、いろいろなものを積み重ねるということは、 よりよく生きるため…

反発する力【再掲】

苦しい時や辛い時というのは、どうしても、 自分に自信がなくなって、思い切った動きがとれなかったり、 自分の内側に引きこもりがちになってしまいます。 ですが、 物事というのは、常に、作用反作用に働いていて、 何かのエネルギーが働けば、それと逆向き…