Philosophical Thinking

~~全ては「自分を知る」ことから~~【21日間で成功習慣を身に付ける】

人生

「弱さ」を「認める」

私達は、誰もが、「強い」自分でありたい、 と思っていることでしょう。 自分の内面的な部分、則ち、「精神」や「心」が強くあれば、 自分の「言動」や「行動」を信じて疑うことなく、「迷い」が何もないのですから、 生きることが圧倒的に、「楽」になるの…

「不確実」を生きる

私達は、「不確実」な生き物です。 それは、 「このようにすれば、必ず、このような結果になる」 というものが、何一つなく、 その時の「感情」や「精神状態」、「体調」等のバイオリズムによって、 得られる「結果」は変わり、 必ずしも、「同じ」にはなら…

「プレッシャー」を味方に

「プレッシャー」とは、 その人にとって、「乗り越えなければならない壁」として存在します。 それは、逃げることも出来ず、必ず解決しなければならない問題、 として、目の前に立ち塞がってくるのです。 「プレッシャー」がかかる、 ということは、それだけ…

「簡単」なもの

自分自身を高めるために、また、何かを得るために、 様々なスキルを学んだり、自己啓発に挑戦する機会も、 人によっては多くなってきたのではないかと思います。 そんな中で、とりわけ多く目にするものがあって、 それが、 「簡単」、「誰でも出来る」、 と…

「非効率的」でいること

私達の住むこの世界は、常に「便利」なものや、「効率的」なものを求めて、日々、進化しています。 反対に言うと、「非効率的」なものを、極力排除しよう、 ということでもあるのです。 確かに、限りある「時間」を有効に活用する、という点においては、 「…

「ピンチ」と「チャンス」

私達は、生きている限り、常に、何らかの「変化」に晒されます。 それは、良い時と悪い時の「繰り返し」によるもので、 「同じ状況」がずっと続くことは、まずあり得ないのです。 そして、とりわけ、「ピンチ」や「困難」といった状況には、 誰もが「避けた…

「撤退」する勇気

私達は、何かを得る為に、何かに挑戦します そして、それは、「時の運」や「タイミング」による影響も大きく、 場合によっては、 「撤退」や、「断念」をした方がよい、 こともあるのです いわゆる、「撤退する勇気」 です。 「撤退」するということは、 自…

「恐れ」の価値

「自信」は、「体験」や「経験」からでしか、身につけることは難しく、 とにかく、その「経験」を得るための、 「一歩」を踏み出せるかかどうか、にかかっているのです。 つまり、「勇気」でもあるのです。 人は、「未知」なるものに、「恐れ」や「不安」を…

「都合の悪い」自分

誰にも、それぞれ「才能」や「能力」があります。 ですが、そもそも、自分がそれに「気が付く」ことがないまま、 その「才能」や「能力」を活かしきれていない、ということはよくある話かと思います。 「自分のことは、自分が良く分からない」というもので、…

「今の自分」からの脱却

「より良く生きる」ために、私達は様々なことを日々、学んでいきます。 そして、「より良く生きる」とは、「自分をより良く変化させる」こと、 でもあり、 その意味で、学びの目的は、 「自分を変える」ことにある、 ともいえるでしょう。 そして、「自分を…

「何となく分かる」こと

私達は、日常の生活の中において、 「何となく分かる」 という状態になることは、しばしばあるのではないかと思います。 この、「何となく分かる」というのは、 もう「ほとんど分かっている」状態ではあるものの、 最後の解答、結論まで、「突き詰めていない…

「確信」を持つ

「自分はいったい何者か」、「何のために生きているのか」、 これらは、この世を生きる私達にとっての、「永遠のテーマ」であると思います。 もし、「生きる意味」というのが、「何かしら」あるのだとするならば、 それが、向かうべき「方向」、「指標」とな…

「決断」は一瞬

「大事な決断は一瞬でするべき」、という言葉があります。 私達の毎日は、常に「選択」の連続で、 誰もがその「瞬間瞬間」に、目まぐるしく、「選択」、「決断」をしているのです。 「選択」、「決断」するためには、 時間をかけて「思考」する場合と、一瞬…

「複数」の選択肢

なかなか「行動」出来ない理由の一つに、 「決められない」、「迷う」ということがあります。 これは、「選択肢」がいくつもあって、いずれか一つに「絞り切れない」、という状態なのですが、 もし、「選択肢」がなければ、 「迷う」こともなく、すんなりと…

「成功」する「確率」

誰もが、何かしらの「目標達成」や「成功」を目指し、様々な努力を重ねています。 そして、巷にある「成功法則」や「自己啓発」においては、 とにかく、「挑戦」すること、則ち、「行動」することが推奨されているのです。 ところが、実際のところ、その「成…

「何か」をすると変わるもの

新しい「何か」をすることで、必ず「何か」が変わります。 「何か」に「挑戦」することによって、「何かしら」の「結果」を得ることが出来るのです。 ですので、とにかく、「何か」をやり始めなければなりません。 その「何か」は、どんな「些細な」ことでも…

「偏り」のある考え方

誰しも、考え方のどこかに「偏り」を持っています。 言い換えると、「クセ」ともいえますし、 もっと言うと、「偏見」ともいえるものです。 「偏った考え方」とは、 例えば、「こうでないと、駄目」、「これ以外のものは、あり得ない」、 というようなもので…

「今」必要なもの

私達は、「高度な技術」を習得したい、「強い力」を持ちたい、「新しい知識」を得たい、 と自分を高めるために、様々なことに取り組みます。 これらの取り組みは全て、「今」の自分、「今」の状況、を変えるためで、 それは、「今」、必要、 だからなのです…

「自分」から逃げてはいけない

誰もが、「今の自分よりも良くなりたい」、「理想の自分になりたい」、 という「思い」を持っています。 その「思い」というのは、 子供の頃から抱えている「コンプレックス」だったり、過去の「嫌な出来事」によるものかもしれない。 いずれにしても、その…

知らないことの「恐怖」

人というのは、「知らない」、「理解できない」ことに対して、「恐怖感」を持ちます。 「知らない」、「分からない」から、「怖い」と感じるのであって、 「知って」しまえば、「なんということもない」、というのは、 多くの方が体験していることではないで…

全ては「タイミング」

物事は全てが「タイミング」によって成立します。 たとえ「同じ」ことをやったとしても、ほんの少しの「タイミング」が違うだけで、結果は大きく変わってくるものであり、 人生という長いスパンで見た場合でも、 その中にあるほんの少しの「タイミング」が違…

「エゴ」を手放す

誰もが、「エゴ」というものを持っています。 それは、「より良く生きたい」、「もっと繁栄したい」、 という、「種」の「生存」に関わる、人としての「生存本能」なのです。 とはいっても、それが死ぬまで、「エゴ」を持ち続けるか、というとそうでもなく、…

「エゴ」の境界線

「エゴ」という言葉は、いわゆる「エゴイズム」のニュアンスとして、私達が普段使っているものです。 その言葉の定義としては、 「利己主義」で「自分中心的」な考え方を指し、他人の気持ちや幸福を考えない、思考や行動様式のこと という意味で、あまりよい…

物事の「二面性」

物事には、全て「二面性」が存在します。 いわゆる、「陰」と「陽」の関係です。 これは例えば、「男性」と「女性」、「知識」と「実践」、「常識」と「非常識」、「ポジティブ」と「ネガティブ」、「プラス」と「マイナス」、「メリット」と「デメリット」…

「努力」の仕方

物事というのは、 元となる「原因」があって、はじめて「結果」が発生します、 逆に言うと、 何かの「結果」を得るのであれば、その為の「原因」が必要となるのです。 もしくは、「条件」を整える必要がある、ともいえます。 多くの人が、何かしらの「結果」…

「現実」を動かすもの

物事は全てが、「表裏一体」です。 それは、例えば、 「チャンス」と「ピンチ」というのも、「表裏一体」の関係で、 【チャンスは、困難の顔をして現れる】とも表現される通り、 「困難」や「ピンチ」のないところに、「良い縁」や「チャンス」は巡ってこな…

「複利計算」にみる人の成長②

先日、【「複利計算」にみる人の成長】というテーマで、 「積み重ね」の重要性について、言及しました。 これに関連して、以下の様な「捉え方」もある、ということを追記したいと思います。 ※ お金を例にしていますので、投資寄りの考え方になるのですが、「…

「複利計算」にみる人の成長

「やり続ける」ことの重要性については、 誰もが認識しているところであるかと思いますし、 この場でも何度も取り上げている、大事なテーマの一つでもあります。 そして、どのような成功者であっても、 人知れず「積み重ねている」ものが、必ずあるわけでし…

「現象」を変化させるもの

自分の身の回りの状況は、全て自分の「思考」が作り出すもので、 全ては自分の「責任」である、ともいえるのです。 何かに挑戦をして、それがうまくいかなくても、 それは、全てにおいて、自分に「原因」があるのであって、 その「原因」となるものを自分が…

「思考」のコントロール

人は「行動」することによって、物事を変えることが出来る、 故に、いつまでも「思考」ばかりで、「行動」が伴わなければ、 何事も変わらないのは、至極当然のこと、 ではあるのですが、 そうはいっても、より良く「行動」するためには、どのように「思考」…