哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

他人からの評価【再掲】

 
私達は、
他人からどのように見られているか、
いつも気にしています。
 
 
 
本来、自分のことは、
自分がどのように見るかが一番大事なのであって、
 
 
他人からどう見られようが関係ない、
ところではありますが、
 
 
それでも、
完全に他人を気にせずに生きるということも、
また不可能なことではあるのです。
 
 
 
 
ましてや、
自分を客観的に見るためには、
 
他人の目からの方がよく見える、
という一面も持っていることもあり、
 
他人からの評価というのは、
無視できるものではないのです。
 
 
 
 
しかしながら、
 
その他人の評価というのも、
いつも正しいというわけではありません。
 
 
 
 
他人にとって、
 
自分が都合のいい存在であれば、
いい人と見做すでしょうし、
 
都合が悪くなれば、途端に、
悪い人へと、
評価はたやすく変わってしまうのです。
 
 
 
評価の基準は、
その人の都合、でしかなく、
 
ただそれだけなのです。
 
 
 
 
他人からの悪い評価
=自分が悪い
 
という図式は成り立たないことに、
注意しなければなりません。
 
勿論、逆も然りです。
 
 
 
 
 
自分でも知らない自分の一面を、
他人が教えてくれることはあります。
 
 
ですが、
他人からの評価は、
正しくもあり、そうでない面も多いのです。
 
 
 
 
他人を気にし過ぎたり、
他人の評価に振り回されてしまってはいませんか。
 
 
他人にとって、都合のいいだけの存在、
になってはいませんか。
 
 
 
 
どこまでいっても、
自分は自分なのであって、
 
他人によって、
自分自身を見失ってはいけないのです。