哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

自分を映し出す鏡

 
「他人は自分を映し出す鏡」という様に、
 
 
自分の目に映る相手の姿というのは、
自分を映した鏡であると言われています。
 
 
 
相手の自分に対する振る舞いや、
相手から受ける様々な印象や感情というのは、
 
 
まさに、
いまの自分自身の姿を写しだしていると言うのです。
 
 
 
 
相手の気に食わない部分を見て、
苛立ちや怒りを感じるというのは、
 
 
元々、自分自身の中に気に食わない部分があって、
 
それに対して、
自分への苛立ちや怒りを抱えていることが根本にあるわけで、
 
 
もし、そのような要素が自分になければ、
そもそも、相手に対してネガティブな感情にはならないのです。
 
 
 
 
同じように、
 
相手を赦せないと思ったり、
相手のことを受け入れられないと思うのも、
 
 
自分を赦せていなかったり、自分自身を受け入れていない、
ということが根本にあって、
 
 
相手を通して、
自分の心の内を表面化させているに過ぎないのです。
 
 
 
 
自分では、
自分のことを赦しているつもりでも、
 
 
それは、自分自身を誤魔化そうとしているだけであって、
相手に対して赦せない気持ちが湧いてくることが、
何よりの証明なのです。
 
 
 
 
 
相手を見て、自分を知るのです。
 
 
相手から見えてくるもの全てが、いまの自分自身の姿であることを
肝に銘じておかなければならないのです。