哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

行動出来ない問題

 
行動するためには、
そのための何かしらの思考があって、
 
 
その思考を行動に移すために、
決断というプロセスを、私達は無意識の内に行っています。
 
 
 
決断したのだから、
そこで間髪入れずに行動に移せば、
当然ながら、何も問題はないのですが、
 
 
決断してからも、さらに、
行動するまでに時間が経ってしまうことで、
また元の状態に戻ってしまうということが、
 
 
誰しも経験のあることではないでしょうか。
 
 
 
 
結局のところ、
決断が決断になっていなかった、
というわけなのですが、
 
 
大事なのは、
決断することと同時に、
 
 
その決断した後に、
いかに時間を置くことなく、行動に移せるかどうか、
ということにあるのです。
 
 
 
 
 
そもそも、物事とは、
何事も行動してみなければ分からないもので、
 
 
思考の中で、
あらゆることをシミュレーションしたところで、
何一つはっきりさせることは出来ません。
 
 
 
思考することによって、
様々な可能性を拡げることは出来ますが、
 
 
可能性を拡げる、ということは則ち、
選択肢を増やす、ということでもあり、
 
 
この選択肢が多ければ多いほどいいか、というと、
決してそういうわけでもないのです。
 
 
 
逆に、迷いや恐れの原因となるだけで、
行動に移す時の障害となってしまうのです。
 
 
 
思考することが足かせとなって、
行動に移せなくなる理由の一つでもあるのです。
 
 
 
 
 
そして、
行動出来ないもう一つの理由としては、
 
 
そもそも、
行動することは恐い、ということなのです
 
 
 
何しろ、
行動することこそが自分を変える、のですから、
 
 
自分が自分で居続けようとするために
必要な心の働きなのであって、
 
 
行動することが難しく感じるのは、ある意味、
当然のことなのです。
 
 
 
 
 
行動に移せないでいるのは、
決して、
 
 
精神力が弱いからでもなく、
実行に移す勇気がないからでもなく、
性格の問題でもありません。
 
 
 
個人の資質、特徴という点から、
行動力の有り無し、を問われることもありますが、
 
 
誰もが今も、何かしらの行動をしており、
 
 
基本的に、
私達の誰もが、行動力はあるはずなのです。
 
 
 
たまたま、
行動出来なかった時のパターンを
それこそが自分自身だと認識してしまうかもしれませんが、
 
 
誰も行動出来ない人はいないのです。
 
 
 
 
思考したことを形にするために、
行動することは、確かに難しいことです。
 
 
 
ですが、私達はいつも行動しているのです。
 
 
 
行動することが難しいからといって、
何もしないのではなく、
 
 
それを知った上で行動することが、全てを変えるのです。