哲学的思考~Philosophical Thinking

~よりよく生きるために、自分自身を見つめ直す~

感情のコントロール

 
私達は、
感情に左右される生きもので、
 
 
その感情は、
事あるごとに、浮き沈みを繰り返し、
 
 
どのような人であっても、
その浮き沈みから逃れることは出来ません。
 
 
 
ポジティブとネガティブの感情を、
交互に繰り返しているのです。
 
 
 
 
とりわけ、
 
怒りの感情というのは、
 
誰もが避けたいと思いながら、
なかなかコントロール出来ずに苦労していることだと思います。
 
 
 
 
怒りを覚えた時、私達は、
瞬間的にこれをどうするかを考えます。
 
もしくは、
考える間もなく、反射的に反応しているかもしれません。
 
 
 
 
感情を表に出せば、
 
自分はそこで発散されるかもしれませんが、
周囲や人間関係に悪影響を与えてしまうのは、
目に見えています。
 
 
 
一方で、
 
我慢すれば、
その場は何事も起きることはありませんが、
 
抑え込んだ怒りは、
心の奥に溜まったまま、
いつかのタイミングで暴発するだけなのです。
 
 
 
 
怒りを感じ、
 
自分で、怒ってはいけない、
 
と言い聞かせても、
抑え込むことが難しいこともあります。
 
 
 
相手の人を赦そうと思いたくても、
怒りの感情が勝ってしまうこともあるのです。
 
 
 
 
 
 
感情とは、
 
瞬間的に湧き上がった後、
一定の間(90秒間)、自分の体に留まり、
 
次の瞬間には、消えていくものと言われています。
 
 
 
しかしながら、
その感情を、
引き続き自分の中に留めてしまうことも出来るわけで、
 
 
それは、
その感情を、自らが長引かせるように選んだから、
とも言えるのでしょう。
 
 
 
 
つまり、
 
自分で、怒りを選択している、
と言えるのですが、
 
 
 
実質的には、
 
選択せざるを得ない状態に陥っているだけで、
 
 
それは、
 
感情に乗っ取られてしまっている、
ということでもあるのです。
 
 
 
 
感情は、
 
元々、一定の間を過ぎれば、
跡形もなく過ぎ去っていくのですから、
 
 
あえて、
自分の中に留める必要はないのです。
 
 
 
何が湧いてきても、ただ静観する、
 
それが、
感情をコントロールする、ということなのです。
 
 
 
 
感情の赴くままでいることは、
 
もはや、
感情の奴隷、でしかありません。
 
 
 
 
私達は、
 
常に、感情を自分でコントロールすることが出来るのですから、
感情に振り回されてはいけないのです。
 
 
怒るかどうかも、
自分が決めてコントロールするのです。